エアラインポストカード図鑑

飛行機、航空会社、空港関連の絵葉書・ポストカードを紹介するページです。

JAL ディズニー ポストカード(イラスト版)

JAL日本航空)は東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーです。

東京ディズニーランドの「スタージェット(2017年試験飛行終了)」、東京ディズニーシーの「ブロードウェイ・ミュージックシアター」を提供しています。。イベントや旅行ツアーなどの企画や特別塗装機の運航もおこなっています。

ポストカードも本ページで紹介するイラスト版のほか、特別塗装機のポストカードもあります⇒

air-postcard.hatenablog.com

JALとディズニーのコラボポストカード(イラスト版)は14枚所有しています(2018年2月)。これらは現行鶴丸塗装(6代目)になった2012年以降のものとなります。

 

 

JAL東京スカイツリーのオフィシャルパートナーでもあります。ディズニーとスカイツリーをつないだのはJALです。

  • 2013年 冬

  • 2014年 紅葉

  • 2014年 日本をとことん楽しもう

 東京スカイツリーで使われているイラストは1枚目と同一です。

  • 2015年 気球

  • 2015年 ディズニーシー

  • 2016年 春 ディズニーシー15周年

2016/4/15-2017/3/17のディズニーシー15周年の葉書

  • 2016年 夏

 「ディズニープリンセスアナと雪の女王展」の協賛絵葉書

  • 2017年7月  ディズニーランド

  • 2017年10月 ハイキング

  • 2017年12月 D23 Expo Japan

 

配布時期として年月を書いてありますが、その年度内のどこかで配られた、程度の認識でお願いします。在庫が余っている際は配布期間の重複もあるようです。

J-AIR CRJ-200

 CRJ-200はカナダのボンバルディア社が製造している50人乗りのリージョナルジェット機です。JALグループの地方路線を担当するジェイエアJ-AIR)では2001年4月から2018年1月まで合計9機が運用されました。
 ジェイエアでの塗装は3種類(旧ジェイエア塗装、サンアーク塗装、鶴丸塗装)が存在しています。ポストカードもそれぞれ5枚、6枚、1枚の合計12枚あります。

flyteam.jp

 計5枚ありました。

 1枚目:14.9×10.1cm
 大きくCRJ200と書かれています。コクピットパイロットの姿が見えます。記入面は横向きになっていました。

 記入面は横向きになっていました。

 2枚目-4枚目 14.8×10cm
 左下に小さく「CRJ-200」と書かれています。 グループロゴが右上にあります。いずれも実機写真を用いたものですが、機体番号などは書かれていませんでした。

 3枚目 どこで撮影したものなのでしょうか?

 4枚目 背後の山がわかれば撮影空港を特定できそうです。

 5枚目は操縦席の写真です。

 記入面は2-5枚目は全て縦書きの同一のものでした。右下にロゴが入っています。

  • サンアーク塗装(2003年4月-2011年3月)

一部機材は2011年以降もサンアーク塗装のまま運用され退役しました。
 1枚目-4枚目 14.8×10cm

  旧ジェイエア塗装の2枚目と同じ構図です。このJA205Jは最初からサンアーク塗装で運用された最初の機体です(機体記号 : JA205J (ジェイ・エア) 徹底ガイド | FlyTeam(フライチーム))。機体番号は垂直尾翼下にあります。

 2枚目 JA206J(機体記号 : JA205J (ジェイ・エア) 徹底ガイド | FlyTeam(フライチーム)
 ススで汚れていますがJA206Jと読めます。CRJ-200はエンジンが機体後部についている「リア・エンジン」機です。

 3枚目
 地上駐機中の写真です。主翼とエンジンの間に格納庫らしき建物が見えます。

 4枚目 操縦席写真。旧ジェイエア塗装の5枚目とロゴ以外は光の反射や影がすべて同じものでした。

 1-4枚目 記入面 若干青っぽい色でした。

 5-6枚目
 機体番号は不明 機体だけ写真で拝啓は埋め込みでしょう。

 イラストっぽくしてある操縦席です。撮影場所は伊丹空港でしょうか?

 記入面には機材スペックが描かれていました。

Specifications/機材スペック
Wing Span:21.2m Length:26.8m Height:6.2m Cruise Speed:865km/h Range:approx:3,045km
全幅:21.2m 全長:26.8m 全高:6.2m 巡航速度:865km/h 航続距離:約3,045km

  • 鶴丸塗装(2011年4月-2018年1月)

 この塗装にされずに退役した機材もあります。ポストカードは1枚のみ、写真ではありません。
 機材スペックが上部に書かれています。サンアーク塗装のポストカード5-6枚目に書かれていたスペックよりも巡航速度が4km/h向上、航続距離も1km伸びています。

 Length:26.8m Wingspan:21.2m Height:6.2m Crusing speed:859km/h Range:3,046km
 記入面には左下に機材の特徴が書かれていました。

 T型尾翼が特徴のナローボディ機。カナダのリージョナルジェット機。
 Manufacutured in Canada, the comfortable CRJ is the world's best-selling regional jet.

 英語の文章はとてもCRJ-200のことをほめていますね。
 
www.jair.co.jp

 

  追記:2018/1/29 福岡空港でCRJ-200(JA208J)を見ることができました。エンジン部分に旧ジェイエア塗装時代のロゴが入っています。