エアラインポストカード図鑑

飛行機、航空会社、空港関連の絵葉書・ポストカードを紹介するページです。搭乗記もたまに。

日本エアシステム ポストカードまとめ

 

 

日本エアシステムJAS)のポストカードまとめです

 

  • 機種別ポストカード
    • A300(B2/B4/600R)
    • DC-10
    • MD-80(MD-81/87) 
    • MD-90
    • B777-200
  • 特別塗装機
  • イラストポストカード
    • 国際線就航
    • サンリオコラボ
    • ディックブルーナ

 

続きを読む

日本エアシステム MD-80シリーズ JAS

マクダネル・ダグラス社が開発したMD-80シリーズは、ダグラス社のDC-9の発展型として1970年代から開発され、MD-81、MD-82、MD-83、MD-87、MD-88の各型式があります。日本エアシステムではMD-81とMD-87を30機以上導入していました。子会社のハーレクインエアでも近距離用機材としてMD-81が使われました。日本航空との合併後もMアーク塗装となり地方ローカル線で活躍しました。 

 

ポストカードはMD-81を2枚保有しています。MD-87は所持していません。

 

1枚目 14.7×10.5cm

 MD-81(JA8262)
 機体記号 : JA8262 (日本航空) 徹底ガイド | FlyTeam(フライチーム)

 郵便番号は5桁でロゴに「HEARTFUL JAS」と書かれています。機体スペックについては「・全長45.3m・全巾32.9m・巡航速度815km/H・座席数163席」とありました。なお「全巾」とは「全幅」のことです。

 

2枚目

 14.85×10cm
 機体番号は不明、撮影場所不明、T型尾翼とテイルコーンの形が1枚目と同じことからMD-81と判断しました。日本エアシステム 機材一覧 McDonnell Douglas MD-80 (DC-9-80)機材 | FlyTeam(フライチーム)

 奥にA300型機が見えます。機体番号はつぶれて読み取れませんでした。ポストカードにも機種やスペックが書かれていませんでした。
 機体後部にタラップが備え付けられていることが分かります。搭乗橋がない空港や前からお客さんを下ろし後ろのタラップから掃除の人が入るなどで使われていました。JALのHPに機体後部タラップから乗機する写真が掲載されていました(MD-80シリーズの後継機、MD-90です)⇒JAL - 旅コラム(OnTrip JAL)